with Dragons

読むヒーローインタビュー hero interview

8月12日 阪神戦
堂上選手、梅津投手

アナウンサー
放送席、放送席。そして多くのドラゴンズファンの皆さん、ヒーローインタビューです。
まずは4回大きな一発を放ちました堂上選手です。
ナイスバッティングでした。

堂上選手
ありがとうございます。

(歓声&拍手)

アナウンサー
先発の梅津投手を助ける大きな一発になりましたね。

堂上選手
そうですね、後ろから守っていて見ている時もすごい力強くて覇気を感じていたので、なんとか援護したいという気持ちで最高の結果になりました。

アナウンサー
打った感触はいかがでしたか?

堂上選手
そうですね、ナゴヤドームだったんで入るかな、どうかなと思ったんですけど、もう本当に気持ちで届いてくれたと思います。

アナウンサー
あのホームランで2桁、10本目に達しました。

堂上選手
それは本当にめちゃくちゃ嬉しいです。

アナウンサー
改めてですが、プロ初先発の梅津投手の投球、ショートからどのようにご覧になっていましたか?

堂上選手
ファームも見たことなかったので、どういうピッチャーか分らなかったんですけど、
すごい真っすぐは力強くて、普段とは違ってすごい気合入っていたので、
守っていてもリズム良く守れました。

アナウンサー
守備でも4回、素晴らしいプレーがありましたね。

堂上選手
元々守備でミスする訳にはいかないので、なんとか助けられて良かったかなと思います。

アナウンサー
それでは続いてプロ初先発、そしてプロ初勝利。
梅津晃大投手です。
おめでとうございます!

(歓声&拍手)

梅津投手
ありがとうございます。

アナウンサー
お立ち台もプロ初です。
大歓声を受けてのこの景色いかがですか?

梅津投手
すごい温かいなと思います。

アナウンサー
今日はまっさらなナゴヤドームのマウンドどのような気持ちで上がりましたか?

梅津投手
すごい緊張してたんですけど、守備の方に先輩の方に助けられて気持ちを乗せてもらって、精一杯投げようと思いました。

アナウンサー
初回はやはり緊張感ありましたか?

梅津投手
はい。すごい緊張してました。

アナウンサー
でも2回以降は二塁を踏ませないナイスピッチングでした。

梅津投手
そうですね、本当に助けられてました。

アナウンサー
ご自身振り返ってみて球威球速などいかがでしたか?

梅津投手
そうですね、本当にバッターに立ち向かっていく心っていうのを一番考えて投げたので、
球速とかではなく本当に向かっていけたと思います。

アナウンサー
ウイニングボールは手にしましたか?

梅津投手
はい。岡田さんにいただきました。

アナウンサー
そのウイニングボール今ございますか?

梅津投手
(ボールを取り出す)

アナウンサー
こちらですね?
このウイニングボールどなたにどのような言葉で伝えたいですか?渡したいですか?

梅津投手
自分でとって置きます(笑)

アナウンサー
それでは最後にファンにメッセージをお願いします。
まずは堂上選手から。

堂上選手
今日もたくさんお客さん来ていただき本当にありがとうございます。
チャンスの時やピンチの時にすごい大きな歓声をいただいて僕たちもすごい背中を押されて、
これからも頑張るので、また応援よろしくお願いします。

アナウンサー
続いて梅津投手お願いします。

梅津投手
後半戦今まで力になれなかった分もっともっと頑張りたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。

(歓声&拍手)

アナウンサー
今日のヒーローは素晴らしい一発、堂上選手。
そしてプロ初先発、プロ初勝利、梅津投手でした。
放送席どうぞ。