with Dragons

ニュース news

7月10日
京田陽太選手会長ファンの皆さまへのご挨拶

ドラゴンズファンの皆さま、カープファンの皆さま、そしてプロ野球ファンの皆さま、本日はここナゴヤドームに足を運んでくださり、誠にありがとうございます。

プロ野球は3月20日に開幕する予定でした。その開幕を目指し僕たち選手はキャンプからしっかり準備をしてきました。ファンの皆さまも同じ気持ちであったと思います。

オープン戦が無観客試合で始まり、その後開幕の延期が決まりました。
その間、ファンの皆さまはステイホームを余儀なくされ、僕たち選手ももう一度体を作り直すことにしました。

正直、今年はプロ野球を開幕できないのではないかと気が滅入りそうにもなりました。

でも、僕はこの状況を決して恨んだりはしません。

それ以上に今現在も新型コロナと最前線の現場で闘い続けている医療・介護従事者の皆さま、開幕に向けて準備してくださったプロ野球関係者の皆さま、そして開幕を信じて待ち続けてくれたファンの皆さまへの「感謝」の気持ちの方がはるかに強いです。

自らにエールを、仲間にエールを、同じようにこの日々に立ち向かう全ての人にエールを。応援が頑張りを生み、その頑張りが誰かの応援になる。
そんな応援の力を僕たちは信じています。

苦しみに立ち向かうとき、不安に押しつぶされそうなとき、持ち続けないといけないもの、それが「感謝」と「希望」です。

大切な日常を再び楽しめるように、笑顔が再び満ち溢れるように、僕たちは決してひとりじゃない、今はすぐ隣にいないかもしれない仲間も野球が大好きな僕たちはひとつのチームです。

ナゴヤドームに来てくれたファンも、テレビで応援してくれているファンも、そして僕たち選手も心をひとつにこの特別なシーズンをともに力強く乗り越えていきましょう。

僕たちは絶対に負けない。ONE BLUE.

中日ドラゴンズ 京田陽太