with Dragons

ニュース news

田島投手が企画「軟式野球卒業記念大会」が開催されました

2020/9/2

田島慎二投手が新型コロナウイルスの感染拡大で大会中止などを余儀なくされた中学三年生のために、軟式野球の「卒業記念大会」を企画し、8月30日に日進市内のグラウンドで決勝戦などが開かれました。

大会は中学生に最後の夏の舞台を提供したいと考えた田島投手が、自身が所属していた名古屋市の軟式野球クラブ「瑞穂ブルーウイングス」に連絡を取って実現し、県内の18クラブが出場しました。

田島投手は球児に向けて「できない大会があったという悔しい思いも、少しでもプラスに受け止めて前を向いてほしい。親や監督、コーチの前で、学んできたことを全力で発揮してもらいたい」などとメッセージを送りました。

大会は選手の健康状態の確認や消毒などの感染防止対策を徹底し、8月上旬から予選リーグを開始。各チームは今大会で退団する三年生を優先的に起用しました。

30日の決勝戦は藤華クラブが1-0で愛知中央クラブとの緊迫した投手戦を制して優勝しました。

記念写真に納まる優勝した藤華クラブ(右側)と準優勝の愛知中央クラブ

ホームに滑り込み、決勝点を挙げる藤華クラブの選手(手前中央)

出典元:中日新聞