ファームニュース

ファーム日本選手権で勝利

2011/10/8

10月8日、宮崎県のサンマリンスタジアム宮崎で行われた2011年プロ野球ファーム日本選手権で、中日ドラゴンズはイースタン・リーグ優勝の北海道日本ハムファイターズと対戦しました。

試合は初回に野本選手のタイムリーで先制すると、日本ハム守備にエラーが重なってさらに1点を追加。
先発マスクを被った前田選手が4回表に中犠飛、6回表にレフトスタンドへソロホームランと2打点の活躍で4-0とリードを広げました。
投手陣では先発の大野投手が5回を無失点に抑える好投を見せ、6回は高橋投手が登板、1イニングを2奪三振の三者凡退で抑えるピッチングを披露します。
8回裏に2点を返され2-4、9回裏に金剛投手が登板するも2死から振り逃げでランナーを出してしまうと、その後連打を浴び1点差に迫られ、サヨナラのピンチとなってしまいますが、最後の打者をサードファールフライに打ち取ってゲームセット、09年以来6度目のファーム日本一となりました。また、優秀選手に小池選手、野本選手、大野投手が、MVPには前田選手が選ばれました。