ドラゴンズニュース

セ・リーグ月間MVPに平田選手が選ばれました

2011/7/6
平田選手

6月度日本生命月間MVPの打者部門で平田良介選手が初受賞しました。

平田選手は、出場18試合中16試合で安打(猛打賞2回)を放ち、出塁率(.420)、長打率(.629)ともにリーグトップの成績でした。特に6月4日対埼玉西武戦、翌5日対千葉ロッテ戦で放った2試合連続サヨナラ本塁打(プロ野球史上8人目)はチームに勢いをつけ、日本生命セ・パ交流戦でセ・リーグ唯一の勝ち越しとなるなどチームに大きく貢献しました。

交流戦では規定打席こそ達しませんでしたが、20試合に出場し打率.407の高打率をマーク、6月9日対北海道日本ハム戦(札幌ドーム)から6月中13試合連続安打を記録しました。(記録は7月5日の対阪神戦でストップ=16試合連続安打)

7月6日にナゴヤドームで会見が行われ、初受賞となった平田選手は「自分のやってきた結果を評価していただき、とても感謝しています。まさか受賞できるとは、自分にとってはほど遠い賞だったのですごくうれしかったです。家族をはじめ、コーチ、裏方さんなど、自分をサポートしてくれている人たちの力で取れた賞だと思います。シーズンはまだ続くので、受賞したことに満足せず、驕ることなく、これからも気を引き締めてやっていきたいです。」と話しました。