ドラゴンズニュース

又吉投手がウインターリーグ報告

2014/12/8

ドミニカ共和国でのウインターリーグに参戦していた又吉克樹投手が12月5日に帰国、同8日に球団事務所を訪れ、約1か月半に及ぶリーグ参戦の報告をしました。

「雨で2時間中断したりと日本ではありえないことも経験できましたし、対戦した選手も皆契約をかけて戦っている、そういう選手を相手に日本のシーズン中にできないことを試すことができたのはいい経験になりました。例えば『お前は遅いスライダーも良い』と言われて、実戦で投げて打者にどういう反応があるのか、打ち返してアピールしようと思っている選手を相手にしているので、ブルペンで投げるよりはるかに収穫になりました。チームメイトからは日本ではどんな練習をしているのかと聞かれたり、一緒のメニューでウォーミングアップをさせてと言われたり、探究心がすごく強くて、そういう部分は見習わないといけないなと。

日本で67試合投げて、ドミニカでも17試合投げて、ポストシーズンに出ることになれば、これだけ投げないといけないのかなと思いますし、1年目でこれが経験できたのは良かった思います。ここでケガをしてしまうとドミニカでの経験が無駄になってしまうので、しっかり身体のケアをしながら来年も投げられるように、いろいろ意見を聞きながら、やれることはやって来季に入っていきたいです」