ドラゴンズニュース

小笠原選手が二軍監督に就任

2015/10/3

今季で現役引退となった小笠原道大選手が来季から二軍監督へ就任することとなり、10月3日に会見が行われました。

正式な就任は来季からとなりますが、各手続きを済ませ10月5日からのフェニックスリーグで指揮をとることとなります。

小笠原選手

小笠原選手のコメント

(二軍監督への就任が決まり)今は不安だらけです、選手は19年間やってきましたが、その中で指導者というものを選手の立場からしか見ていないので、まったく経験がないものに足を踏み入れるので本当に未知の世界というか、また一からの勉強だなと思っています。いろいろな方から話しを聞いて、いい形でドラゴンズの力になれたらと思います。

19年やらしていただいたプロ野球界に恩返しすること、また最後の2年間をドラゴンズで締めくくらせていただいた、あらゆる感謝の気持ち、恩返しというか、19年培ってきたものを少しでも還元できたらと思って話しを受けました。

(指導については)まずはあらゆるものを吸収して、見て観察して、選手一人ひとりが前を向いて取り組むトライする、そういう環境ができたらなと思います。(今季はファームで若い選手と一緒に練習をすることもあり)若い選手たちは皆、可能性を持ってこの世界に入ってきている、少なからずチャンスは有ると思います。自分の中で自分を決めつけないで、新鮮な気持ちで臨んでいってほしいなと思います。いきなり0が100にはならないと思うので、1から少しずつ積み上げて行く中で、少しでも彼らの手助けとなるように、いろいろと駆使して協力していきたいと思います。