ドラゴンズニュース

鈴木孝政氏がベースボールアカデミー校長に就任

2015/12/16

来年開校予定のドラゴンズベースボールアカデミーの校長就任会見が12月15日に行われ、初代校長に中日ドラゴンズのOB会会長でもある鈴木孝政氏が就任することとなりました。

鈴木孝政氏 会見コメント

「この度アカデミー校長としてやらせて頂きます鈴木孝政です。
不安もありますが、自分の持ち味、できることを最後まで全うしようという決意でいっぱいです。私が今思っている内容、目的については、ただ野球を上手にするというだけではなく、野球を通じて規律正しい子どもにする、体を強く鍛えてもらう、この2つのポイントを持ってやろうと思っています。

勉強も大事ですが最近の報道によると、全国の体力測定で小学生の男子、愛知県が最下位だったことにショックを受けました。小学校5年生の遠投、ソフトボール投げが平均22メートルと書いてありました。私が小学5年生の時、ソフトボールを68メートル投げました。これはちょっと異常なんですが・・・1/3しか投げられないのか、というのが記事を読んだ最初の感想です。投げることが人生においてどれだけ重要かと言いますと、たいして重要ではないのですけれど、これだけ体力的に落ちているんだなと、しかも環境のいい恵まれている愛知県が日本で最下位だったことに衝撃を受けました。

野球を通じて、規律正しいのはもちろん、体が勝負です。その体を子どものうちに少しでも動いて、鍛えて、見て、考えて、生きていく力をつけてあげたい、これを私の大きな目標に掲げています。全部できるかどうかわかりませんが、多少なりともそういう方向で力になりたい、OBの協力、みなさんの協力も得まして、いいアカデミーにしていきたいと思います」