ドラゴンズニュース

ナゴヤドーム最終戦セレモニー

2017/9/24

9月24日の広島戦をもちまして、今季ナゴヤドームでの公式戦全日程が終了いたしました。
今シーズンも多くのご声援本当にありがとうございました。

森繁和監督 最終戦セレモニー挨拶

監督として一言、お礼と感謝とお詫びを申し上げます。
本日、ナゴヤドームの最終戦に数多くの人に足を運んでいただき、最後まで声援していただいたファンの皆様、心よりお礼申し上げます。感謝申し上げます。

今シーズン、多くの故障者、けが人を出してしまい、目標にしていたAクラス入りができずファンの皆様には辛く悔しいシーズンにしてしまったことを、心からお詫び申し上げます。すいませんでした。

ナゴヤドームの試合は今日で終わりました。
しかし、東京、横浜、大阪。まだゲームが残っています。選手は最後まで自分のためチームのためファンのため来年のために、最後まで戦ってくれると信じてます。
皆さんも最後まで見守ってやってください。お願いします。

最後に、負けても、連敗しても最後の最後まで、応援し続けてくれたライトスタンドの応援団の皆さん、ファンの皆さん、本当に熱い声援、力強い応援をありがとうございました。
その熱い声援と力強い応援のおかげで、ナゴヤドームの試合に勝ち越すことができた。これだけが救いです。

これからもドラゴンズを、選手をよろしくお願いします。
今シーズンはありがとうございました。

森野将彦選手 引退セレモニー挨拶

21年間という野球人生に幕を下ろす時が来ました。
まず初めに球団の関係者の皆様、このような場を与えていただいて本当にありがとうございます。

今思うことは、6人の監督にこのスタメンをスコアボードに僕の名前を書くことを我慢強く書き続けてくれた監督の方々、そして何もできなかった僕を育て上げてくれた指導者の方々、一人じゃ何もできない練習を付き合ってくれた裏方の方、怪我をしたときに一生懸命治してくれるトレーナー、本当にいろいろな方に支えられてここまでやりきることができました。
また、先輩、同級生、後輩、いろいろなチームメイトに支えられて幸せな野球人生を送ることができました。
そして家に帰ったときに何も言わずに待っていてくれた家族、僕をこのように丈夫に産んでくれた両親、みなさんに感謝を伝えたいと思います。ありがとうございました。

そしてこの歓声を送ってくれたファンの方々、本当に僕が打てないときにそれでも応援してくれる温かい森野ファン、ドラゴンズファン、本当にお世話になりました。
今、ドラゴンズは苦しい中にいます。でもこのファンの方々がいる選手は幸せだと思います。もっともっとやってくれるはずです。

僕も期待してユニフォームを脱ぐわけですが、何とか僕の意志を今ユニフォームを着ている選手たちに優勝目指してやってもらいたいと思います。
最後にはなりますが、この背中を最後まで押してくれたファンの皆さま、本当にありがとうございました。

クラウン賞表彰

第36回ドラゴンズクラウン賞(中日スポーツ主催、愛知トヨタ協賛)の最優秀選手に大島洋平外野手が選ばれました