ドラゴンズニュース

来季の監督に与田剛氏

2018/10/15

来季から与田剛氏が監督としてチームを指揮することが決定し、本日(10月15日)、就任会見が行われましたのでお知らせいたします。

与田氏は木更津中央高(現・木更津総合高)、亜細亜大、NTT東京を経て、ドラフト1位で1990年にドラゴンズへ入団、1年目から抑えを任され50試合に登板、最速157キロの剛球を武器に31セーブを挙げ最優秀救援投手、新人王のタイトルを獲得、96年途中にロッテへ移籍、その後も日本ハム、阪神と4球団に在籍し2000年に引退、09年のWBCで日本代表の投手コーチを務め、2連覇に貢献、16年からは楽天の投手コーチを務めました。

与田新監督のコメント

名古屋は23年ぶりに戻ってくることになりました、家族ともども本籍は名古屋に置いていまして、ドラゴンズを去る時にもう一度この場所へ戻ってきたいという思いを持っていました、このような形でドラゴンズへ、名古屋へ帰ってくることができて非常に光栄に思っています。

報道が出た後は街を歩いていても多くの方に声をかけていただけるようになりました、いかにドラゴンズファンが多いのかということも改めて感じましたし、名古屋に帰ってきたいという思いが長年ありましたので、不安もありますが感謝の気持ちと自分の力をすべて出しつくしたいなと思います。

プロ野球の監督というのはまったく想像していなかった立場、どちらかというとテレビの仕事をさせていただきながら、自分が監督だったらどうするかなと、シミュレーションをする程度しかなかったのですけど、実際のところプロ野球界の中での監督という立場は興味が徐々に沸いてきていたと思います、年齢を重ねていく中で一つの夢のようなものになっていたと思います。

ドラゴンズは私をプロ野球選手にしてくれた球団、そうそうたるドラフト候補がいる中で、ドラゴンズというチームが私を単独指名していただいた、その思いというのは一生忘れることはありませんし、何か強い縁というか、運のいい男だなと思っています。

星野監督は常々選手が最優先、じっくり見ろともおっしゃっていました、来年から指揮をとっていく上では選手の表情一つ、選手の満足度を自分の満足度に変えられるように、我々の満足度を選手に求めると差ができてしまうので、選手が少しずつ頑張った満足度を一つずつ認めてあげる、そういうことを考えながら見てあげたいと思っています。

優勝するチームは1つしかない、皆その位置を目指していく、原因をしっかり追求し、数字だけではなく中身をしっかり検証していきながら、独走を許さないような形をとっていきたい、最後まであきらめずに、我々がトップにいけるように、そういう意識を強く持ち優勝、それだけを目指して戦っていきます。