ドラゴンズニュース

ドラゴンズ選手が給食交流

2019/12/6

こどもたちに夢を与え、ドラゴンズを身近に感じてもらう取り組みとなる給食交流が今年も名古屋市教育委員会、中日ドラゴンズ選手会の協力もと11月21日に行われました。

名古屋市昭和区の市立御器所小学校には山本拓実投手と勝野昌慶投手が訪れ、全校集会で山本投手は「自分は背が小さくプロ野球選手は無理だと言われましたが、諦めないでやった結果、今があります。まわりの人に言われても、自分ができると思ったことを貫いてください」と児童らを前に話しをしました。集会終了後は6年生の教室でそれぞれ給食交流を行いました。