with Dragons

読むヒーローインタビュー hero interview

5月7日 広島戦
大野雄投手・平田選手・高橋選手

[アナウンサー]
放送席、放送席、そしてナゴヤドームのドラゴンズファンの皆さん。
今日は3人お越しいただきました。
まずは見事完投・完封勝利、大野(雄)投手です!
ナイスピッチングでした!

(歓声)

[大野投手]
ありがとうございます。

[アナウンサー]
9回投げ切ったご自身。2年ぶりの完投完封となりました。
今どんな思いでしょう?

[大野投手]
野手の皆さんが早い回で大量点取ってくれたので楽に投げることが出来ました。

(歓声)

[アナウンサー]
あの最後の9回、カープのクリーンナップを迎えて、すごい表情で三者連続三振なりましたね。

[大野投手]
ま、三振は出来過ぎなんですけど、最後しっかり締められてよかったです。

[アナウンサー]
その三振、13個今日奪いました。
ご自身自己最多となりましたね。

[大野投手]
そうですね、まぁ三振はね、必ずアウトになるものなので、いい事だと思いますし、これからもどんどん取っていけるよう頑張っていきます。

(拍手)

[アナウンサー]
それにしましても今日のピッチング、打線が点を取って、中盤からは本当に快投という感じにも見えましたが、今日のピッチング振り返ってどんなところが良かったでしょう?

[大野投手]
そうですね、本当に、さっきも言ったんですけど、序盤に点取ってもらったんで、ソロホームランOKぐらいの気持ちでずっとどんどん投げていきましたし、守備もね、いい守備多かったんでホントに感謝の気持ちでいっぱいです。

(歓声)

[アナウンサー]
ホントに今シーズンは投げれば好投と続いていますが、次回のピッチングに向けて一言お願いします。

[大野投手]
はい!今日勝ったからって喜ぶのは今日までにして、明日からまた次の登板に向けてやって行くことと、あとはドラゴンズ今、頑張り時だと思うので、ファンの皆さんも一緒に去年と違うところ見せましょう!よろしくお願いします!

(大歓声)

[アナウンサー]
ありがとうございました。
まずは大野投手にお話し伺いました。
続いては1番として切り込み隊長、4安打しました平田選手です。
ナイスバッティングでした。

[平田選手]
ありがとうございます。

[アナウンサー]
特にあの3回はいったかなぁ、というようなそんな打球でしたが。

[平田選手]
そうですね、今日は5月7日やったけ?えー7日ですか。5月7日なのにあそこに3回目ですね、当たるの。
皆さん知らないと思うんですけど、あの辺に3回当たってるんですよ。
外野席の皆さん!あそこのあの辺に塩撒いといてもらっても良いですかぁ(笑)お願いします。

(拍手)

[アナウンサー]
ま、ただあの惜しいホームラン性のあのスリーベースから、その後のピッチャーゴロでのあのホーム生還。
あれが一つの大きなポイントにもなったようにも見えたんですが。

[平田選手]
ま、あそこはあの、大島さんに貸し一つ。
ということでおさめたいと思います(笑)

[アナウンサー]
さぁそして7回には貴重な追加点のタイムリーもありました。
今日4安打ご自身の調子はどうでしょう?

[平田選手]
打ちたい球っていうのを打ててきてるし、徐々に調子は上がってきてると思うので、こっからさらに無駄な打席ってのをなくしていきたいと思います。

(拍手)

[アナウンサー]
今日は大きな援護、打線でしましたけども、チームの雰囲気はどうですか?

[平田選手]
チームの雰囲気としては非常に良いですし、みんな声も出てますし、すごく良い感じにチームの雰囲気はきてます。

[アナウンサー]
明日もナイスバッティング期待しています。

[平田選手]
はい。明日も頑張ります!

(歓声)

[アナウンサー]
ありがとうございました。
平田選手にお話しを伺いました。
そして4安打。2本のタイムリーがありました。
高橋周平選手です。
ナイスバッティングでした。

[高橋選手]
はい、ありがとうございます。

[アナウンサー]
いきなりの2回、ノーアウトからデッドボールでランナー出たという場面でしたけども、どんな思いでした?

[高橋選手]
ストライクを取りにくると思ったんで、初球から積極的に行こうと思いました。

[アナウンサー]
そして3回には平田選手のスリーベースから始まって、どんどん繋いで繋いでというところで打席へ向かいましたね。
どんな思いでしょう?

[高橋選手]
そうですね、前のバッターがすごく勝負強いバッティングをしてたんで、僕もなんとか続きたいと思って打席に立ちました。

(歓声)

[アナウンサー]
今シーズン、カープにはそれから今日相手先発野村投手には随分悔しい思いあったと思うんですが、そのあたりはどうでした?

[高橋選手]
すごく良いピッチャーなので、なんとか先に点を取って大野さんに気持ちよく投げさしてあげたいなと思いました。

(歓声)

[アナウンサー]
さぁそして昨日、今日とホントに打席に立てばヒット!
そんな感じにも見えてるんですが、調子はどうでしょうか?

[高橋選手]
調子は…
普通です!

(笑)

[アナウンサー]
まぁちょっと連戦の疲れもあろうかと思いますが、さぁ明日で12連戦最後の試合と、いうことになります。
最後キャプテンに締めてもらえますか?
明日に向けてお願いします。

[高橋選手]
長い長い連戦も明日で終わりなので、また明日12連戦をいい形で終えられるように頑張りますので、また明日応援よろしくお願いします!

(拍手)

[アナウンサー]
ありがとうございました。
今日のヒーローは3人でした。
大野(雄)投手、平田選手、そして高橋周平選手でした。
放送席どうぞ。