with Dragons

読むヒーローインタビュー hero interview

9月6日 横浜DeNA戦
ビシエド選手、又吉投手

アナウンサー
放送席、放送席、そしてナゴヤドームのドラゴンズファンの皆さん。
ヒーローインタビュー今日は投打のヒーロー、ビシエド選手と又吉投手です。

(歓声&拍手)

まずは、打のヒーロー今日勝ち越しの決勝ツーランホームラン、ビシエド選手です。
同点に追いつかれた直後でしたけれども、あの打席どんな気持ちで入ったんでしょうか?

ビシエド選手
とにかく集中して、打てる球、良い球が来たら打とうと思ってました。
あまく入ったスライダーをしっかりと捉えることが出来ました。
自分にとってもチームにとってもいいホームランでした。

アナウンサー
ビシエド選手はああいう大事な場面で非常に良いバッティング続いていますけれども、
ご自身どういうところが良くてああいう打撃が出来ていると思いますか?

ビシエド選手
一番大事な事は、落ち着いて打席に入ってる事がこれが一番良いと思います。

アナウンサー
さぁこれからAクラスに向けてまだまだビシエド選手のバッティング、ファンは期待してると思います。
これからに向けて一言お願いします。

ビシエド選手
チームの状態はとっても良いので一日一日精一杯頑張っていきたいと思いますし、
本当にファンの皆さまいつも素晴らしい応援ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

アナウンサー
本当にナイスバッティングでした。

ビシエド選手
(日本語で)ありがとう

アナウンサー
続きましては8月11日以来3勝目を挙げました又吉投手です。
今日は同点に追いつかれた直後からのマウンドになりました。
どんな気持ちで上がったんでしょうか?

又吉投手
そうですね、松葉、同級生が先発だったのでどっかで助けられたら良いなぁと思いながらブルペンで待機してて、
結果的に早いイニングになりましたけども、その後はいつも通りタンケがホームラン打ってくれたので、
本当に良い流れを持ってこれたかなと思います。

アナウンサー
あのピンチを抑えた直後のホームラン、やはりビシエド選手がホームラン打った直後、
その思いっていうのはどうだったんでしょうか?

又吉投手
8月11日も確か投げた次の回にビシエドがホームラン打って、勝ち投手になっているので、
本当に気分が楽に長いイニングを投げられたかなと思います。

アナウンサー
今日は6回まで投げました。勝ち越してもらった後からのピッチングも見事でしたが、
DeNAの長距離打者に対してご自身どういうピッチングが良かったと思いますか?

又吉投手
そうですね、しっかりインコースつけたっていうのもありますし、
特に大野さんが投げにいく前にこういう風にやって行こうってのをしっかり言ってくれて投げられたので、
あとはダブルプレーは京田だったり野手の方に助けられながら出来たので、
全員に感謝して3イニング投げられたと思います。

アナウンサー
大野選手とのやりとりの中で上手くいった部分、もし差し支えなければ教えてください。

又吉投手
そうですね、ダブルプレーの2つは本当に大野さんにしっかりこういう風にやって行こうというのを出せたと思いますし、
最後ちょっとドタバタした時にも思い切って攻めてこいって言ってくれたので、
それが結果的にショートゴロで打ち取れたので良かったかなと思います。

アナウンサー
登板は8月24日以来でした。
ちょっと待ち遠しい部分もあったんじゃないでしょうか?

又吉投手
そうですね、2週間ぐらい投げてなくて、
自分の中でもチームにどうやったら貢献出来るかなってのは考えた部分もありましたけど、
こういう風に使ってもらって、しっかり応援してもらってる日を迎えられたのは我慢して良かったかなと思うので、
また明日からも頑張りたいと思います。

アナウンサー
ありがとうございました。
ナイスピッチングでした。

又吉投手
ありがとうございます。

9月7日 横浜DeNA戦
柳投手、大野奨選手

アナウンサー
放送席、放送席、今日はバッテリーのお二人ヒーローインタビューです。
柳裕也投手、そして大野奨太選手です。

(歓声&拍手)

今シーズン10勝目、柳投手にお話を伺います。
ナイスピッチングでした。

柳投手
ありがとうございました。

(歓声&拍手)

アナウンサー
柳さんようやく壁、撃ち破りましたね。

柳投手
はい。そうですね、僕が勝てない間も沢山のファンの皆さんに応援してもらってたんで、
なんとか皆さんの期待に応えたいなと思っていたので、勝てて嬉しいです。

(歓声&拍手)

アナウンサー
7月7日以来、2カ月ぶりの勝利となりましたが、この2カ月間というのはどんな思いだったんでしょうか?

柳投手
やっぱりファンの皆さんをはじめ、本当に色んな人が僕に対して手を差し伸べてくれたり、
言葉をかけてくれたりしたので、なんとかそういう人達の期待に、
自分が勝ちたいというよりも、本当にそういう人達の期待に応えたいなっていう思いで毎日過ごしました。

アナウンサー
そうなりますと今日の登板も当然気合が入っていたと思いますが、
今日の登板前はどんな気持ちでマウンド上がったんでしょうか?

柳投手
本当に今日も絶対勝ちたいという気持ちでマウンド上がりましたし、
本当に大野さんによくリードしてもらったと思います。はい。

アナウンサー
その今日のピッチングですが、初回に点は取られたものの、
2回から6回までは2塁を踏ませない素晴らしいピッチングでしたね。

柳投手
初回にホームラン打たれた時は、「あ〜柳また今日もやらかしてるぞ」と思われたと思うんですけど、
なんとか粘ろうと思いました。

アナウンサー
ファンを代表して言いますが、そんな事ありませんよ。
そして、7回あの最後の1球、フルカウントからの1球はしびれました。
あの最後の1球っていうのはどんな思いで投げたんでしょうか?

柳投手
大野さんがね、迷いなくサインを出してくれたので、僕も強気で投げることが出来ました。はい。

アナウンサー
ただあそこ一度首振りましたよね?

柳投手
いやぁもうそれもね全部、作戦です。はい。(笑)

アナウンサー
改めて柳さんファンの皆さんはこの柳さんのお立ち台をずーっと待っていました。
このファンの皆さんの声援にいま受けて、改めてどのような気持ちですか?

柳投手
そうですね、やっぱり本当に一つ勝つっていうことの難しさを体感しましたし、
やっぱりこうやってヒーローになることで、ファンの皆さんが喜んでくれますし、
まぁ今日はね、泣くかなぁとは自分で思ったんですけど、泣きません!(笑)
ありがとうございました!

(歓声&拍手)

アナウンサー
では次の登板に向けての意気込みはまた後ほどお伺います。
その柳投手を好リードしました、もう1人のヒーロー大野奨太選手です。

(歓声&拍手)

大野さんまずナイスリードでした。

大野奨選手
ありがとうございます。

アナウンサー
今日の柳投手のピッチング、ご覧になってどのように思っていましたか?

大野奨選手
本当に初回に失点してしまって、3回までの失点率が本当に高いっていうのはいつも通りかなと感じてたので、
2回以降はピシャっと行くんじゃないかなっと感じてました。

アナウンサー
ただその初回の失点からしっかりと修正をして、是非大野さんにも伺いたいんですが、
あの柳投手の最後の1球106球目、あの辺りはどんな思いだったんですか?

大野奨選手
一番自信があるボールで最後は勝負したいと決めてたので、
あのカウントになって一番自信のあるボールを選択しただけだったと思います。

アナウンサー
そして今日その柳投手を大きく安心させると言いますか、セーフティスクイズ、バッティングの方でも活躍ありましたが、
バッティングについては今日いかがでしたか?

大野奨選手
大したバッティングが出来ないので、ああいう一つ一つ、チームの為に貢献出来る打席を、
作っていきたいなっていう思った結果がああいう結果に繋がったと思うので、
本当によかったと思います。

アナウンサー
さぁそして大野さん、チームはこれで5連勝ですが、そのうちの4試合で大野さん先発マスクです。
チームの連勝を勢いづけている、そういった選手の1人と言ってもいいかもしれませんがいかがですか?

大野奨選手
本当に今年に関してすごい苦しい時期が続いて、なかなか思った通りに出来なくて、
こうやって監督が呼んでいただいて、試合に出るチャンスをいただいて、
こうやってチームに貢献出来る事、本当に幸せだと思いますし、
この場所で野球ができる事が本当に幸せだと思います。

アナウンサー
さぁ今シーズンも残り20試合切っています。
ではそれぞれに意気込み伺います。
まずは大野さん明日以降に向けてのファンの皆さんにメッセージお願いします。

大野奨選手
本当にまだまだチャンスがあると思いますし、今の勢いのまんま食らいついていきたいと思っていますし、
最後は逆転したいと思っているので、また応援よろしくお願いします。

(歓声&拍手)

アナウンサー
さぁではそして最後は10勝挙げました柳さんに締めていただきましょう。
マイクお渡しします。

柳投手
そうですね、僕自身これを通過点にしてもっともっと勝てるように、はい、頑張りたいと思います。
明日は大野雄大さん投げるんで、やってくれると思います。
皆さん応援よろしくお願いします。
ありがとうございました。

(歓声&拍手)

アナウンサー
今日のヒーローは柳裕也投手そして大野奨太選手でした。
放送席どうぞ。

9月8日 横浜DeNA戦
大野雄投手、福田選手

アナウンサー
放送席、放送席、そしてナゴヤドームの皆さん、ヒーローインタビューです。
投打のヒーローにお越しいただきました。
6連勝の立役者、大野投手、福田選手です。

(歓声&拍手)

まず大野投手お伺いします。
今まずこのお立ち台どんな気持ちでいらっしゃいますか?

大野雄投手
とにかく連勝を続けられてよかったなという気持ちです。

アナウンサー
1カ月ぶりの8勝目ということになりました。
そのあたりはどう振り返りますか?

大野雄投手
もちろん自分の勝ちは嬉しいんですけど、今日は5連勝で僕にバトンが渡ってきたんで、
自分で負けられへんと思って、プレッシャーもかかってましたし、なんとか繋げたのが本当に嬉しいです。

アナウンサー
そのゲーム最高の立ち上がりだったと思います。
まず立ち上がり振り返ってください。

大野雄投手
初回からだいぶ飛ばしていったんですけど、前回と前々回が初回に点取られてたんで、
飛ばしていきました。はい。

アナウンサー
中盤5回までは三塁踏ませないというピッチングが展開されました。
このあたりはいかがですか?

大野雄投手
真っすぐを意識付けさせられたと思いますし、その分落ちた球もしっかり振ってくれたんで、
いい結果になったと思いますし、よかったです。

アナウンサー
しかもフォアボールなし、11奪三振です。
このあたりいかがでしょう?

(歓声&拍手)

大野雄投手
そのフォアボールなしが、実は最後のホームランを打たれてしまった原因なんですけど、
まぁあそこはやっぱりフォアボールでもいい所だったんで、あそこは反省ですね。

アナウンサー
その9回ですが、完封目指してというラストのイニングだったと思います。
打たれた瞬間はどんな気持ちだったんでしょうか?

大野雄投手
本当に完封目指して最後も行きますという事でマウンド上がったんですけど、
とにかくチームが勝ったんで全然いいです。はい。

(拍手)

アナウンサー
大野投手にとっては8勝目。2桁勝利もまだまだ見える1勝だと思います。
そのあたりどうでしょうか?

大野雄投手
はい。最後まで諦めずにその2桁勝利というのは目指していきますし、
今日みたいにゼロで抑えてたら点取ってくれると思うんで、はい、頑張っていきます。

(拍手)

アナウンサー
さぁそして来週はカープ、タイガースとの3位、4位との対戦ということになります。
そのあたりどのように考えますか?

大野雄投手
やっぱ上を叩いていかないと上には上がれませんし、このような戦いが出来ていれば上に上がっていけると思うので、
あとは福田に期待して、どんどん連続打点を続けていってもらいたいなと思います。

アナウンサー
次の登板も期待しています。
まず大野投手にお話しを伺いました。

(拍手)

さぁ続いては打のヒーロー福田選手です。

(歓声&拍手)

今日もナイスバッティングでした。

福田選手
はい。ありがとうございます。

アナウンサー
何と言っても3打席目。2人ランナーを置いてという所だと思うんですが、
どんな気持ちで打席に入りましたか?

福田選手
追い込まれてたんで繋ぐ気持ちでいって、良い結果になりました。

アナウンサー
そこまでの2打席というのが、まぁ1点は取れましたけれどもっというような打席ではありました。
気持ちもあったんじゃないでしょうか?

福田選手
そうですね、前の打席で打ち上げちゃったんですけど、京田のナイス走塁で助けてもらったんで、
次はしっかり返そうと思っていきました。

アナウンサー
さぁそのタイムリーで6試合連続ヒット、6試合連続打点です。
このあたりいかがでしょう?

(拍手)

福田選手
結果はたまたまだと思いますけど、集中力持って打席に立ててるんで、
これからも継続していきたいと思います。

アナウンサー
結果はたまたまかもしれませんが、6連勝、全て福田選手のバットから得点が生まれてます。

(拍手)

福田選手
素直に嬉しいですし、もっと打てるように頑張ります。

アナウンサー
さぁ残り試合少なくなっては来ていますが、まだまだ上が狙える位置になってきたと思います。
選手会長最後に締めてください。

福田選手
残り試合少ないですけど、なんとか食らいついて最後まで戦っていきますんで、
皆さん一緒に戦っていきましょう。

(歓声&拍手)

アナウンサー
ありがとうございました。
今日のヒーローインタビュー、大野投手、福田選手でした。