with Dragons

読むヒーローインタビュー hero interview

9月16日 横浜DeNA戦
山本投手・木下拓選手

アナウンサー
放送席、放送席、そしてナゴヤドームにお越しのドラゴンズファンの皆さんヒーローインタビューです。
今日は3勝目を挙げた山本拓実投手、その山本投手を見事リードしタイムリーもありました木下拓哉捕手のお二人です。
まず木下選手に伺います。
お疲れ様でした。

木下拓選手
お疲れさまでした。

アナウンサー
守って打って今日は活躍でした。
まず山本投手をリードしているキャッチャーとしての立場から伺いますけれども、
今日は隣りの山本投手はどんなピッチングだったんですか?

木下拓選手
そうですね、すごいいいピッチャーなので、思い切ってストライクゾーンに投げてこいという事と、
先発に勝ちがつくとキャッチャーは嬉しいので、今日は山本に勝ちがついて本当に良かったと思います。

アナウンサー
木下さん自身も久しぶりのスタメンマスクという中で思いはあったと思いますが。

木下拓選手
そうですね、悔しい結果が続いてファームでずっとやってきて、
今日平田さんの申告敬遠の後にファーム落ちる前2アウト満塁で代打で出されて悔しい思いをしたので、
同じ場面が来たので絶対打点を挙げてやろうと思って打席に立ちました。

アナウンサー
3-0とした後のあの満塁での2点タイムリーは本当に大きい2点になったと思いますけれども、
あの時の感触、手応えはどうだったんでしょう?

木下拓選手
バットも折れてましたし、内容的には全然良くなかったですけど、
ヒットゾーンに飛んでくれて僕にもそうですけど、山本にも大きい2点になったんじゃないかなと思います。

アナウンサー
そんな思いのこもったバッティングもありました。
山本投手は7回無失点、改めて山本投手を評価していただくとどうなりますか?

木下拓選手
そうですね、小さな大投手といいますか、マウンドに立つと本当に堂々として投げてくれるので、
今日は山本様様です。はい。

アナウンサー
木下さんとそれから山本投手の踏ん張りもあって、勝って、実は今日カープが負けました。
これで4ゲーム差ということになってまだまだ諦めない空気がドームに充満してると思いますよ。

木下拓選手
そうですね、残り9試合ですかね、もちろん目の前の一つ一つ全部勝って一つでも順位を上げていけるように頑張りますので、
応援よろしくお願いします。

アナウンサー
という守って良し、打って良しのまずは木下拓哉選手に伺いました。
そして3勝目本当にナイスピッチング。自己最長の7回を無失点。山本拓実投手です。
ナイスピッチングでした。

山本投手
ありがとうございます。

(歓声&拍手)

アナウンサー
いっぱいに埋まったナゴヤドームでいい気持ちだったんじゃないでしょうか?

山本投手
そうですね、7回までしか投げられなかったんですけど、8回、9回もリリーフの方が抑えてくれて、
打線もすごい打ってくださって本当に感謝の思いで一杯です。

アナウンサー
山本さんは3勝ってのを一つ今シーズンは大きな目標に掲げていたんですよね?

山本投手
そうですね、一つ上の先輩の藤嶋さんが去年3勝ということで、一つその数字を目標にやっていきました。

アナウンサー
その3勝目を手にして感想はどうですか?

山本投手
めちゃくちゃ嬉しいです。

アナウンサー
本当に良い投げっぷりで、ただ立ち上がりはちょっと心配したファンの方も多かったと思いますけれども、
立ち上がりはちょっと力んだんですか?どうだったんですか?

山本投手
立ち上がりは僕も心配したんですけど、やっぱり木下さんがストライクゾーン思い切って投げてこいというのをすごい言ってくださったんで、
思い切って投げられました。

アナウンサー
っていうことはお隣りの木下さんのおかげもありますか?

山本投手
木下様様です(笑)

アナウンサー
お互いを称えあって非常に良いコンビネーションだと思います。
目標の3勝目をとりあえずクリアしました。
残り試合もまだあります、次の試合はどんなピッチングをしたいですか?

山本投手
次の試合は今日の結果に満足することなく、次はもっと長いイニングを投げて0点に抑えられるように、
また練習していきたいと思います。

アナウンサー
とっても真面目に誠実に答えてくれた山本投手。
では最後このお立ち台からファンの皆さんに大きなアピールっていうんでしょうか、宣言をしていただけると助かりますがいかがでしょう?

山本投手
まだまだ勝ちまーす!

(歓声&拍手)

アナウンサー
素晴らしい締めくくりでした。
3勝目を挙げた山本拓実投手、そして投打で支えた木下拓哉捕手。
今日はバッテリーのヒーローインタビューでした。