with Dragons

読むヒーローインタビュー hero interview

7月31日 東京ヤクルト戦
与田監督・大野雄投手・ビシエド選手

アナウンサー 開幕投手が7試合目の登板で完投で初勝利という事になりましたね。

与田監督 ええ。やっとね雄大、勝つ事ができましたし、最後まで一人でよく投げきってくれました。

(場内拍手)

アナウンサー 今日は6回8回と大野投手の打席、チャンスで回ってきて、代打は送りませんでした。あの辺りベンチでは、監督どう見ていらっしゃったんですか?

与田監督 ええ、もう大野の今日のボール、そしてイニングごとに確認はしてましたけども、まだいけますという心強い言葉でしたので、思い切って今日は使いました。

(場内拍手)

アナウンサー 監督から見て、大野投手の今日のピッチング、どこが良かったでしょうか?

与田監督 とにかくコントロールがしっかりしてましたし、何よりも昨日広島で延長戦でですね、リリーフ投手が数多く投げてますし、そういった意味でエースとして最後まで一人で投げるんだと、そういう気持ちが凄く伝わってきました。

(場内拍手)

アナウンサー そして今日は中軸3人で5打点、3番高橋選手、こちらも機能したと思います。
中軸の活躍はどう見ていらっしゃいました?

与田監督 周平が足の怪我から復帰をして、なかなか調子が上がって来なかったんですけどもね、徐々に動きが良くなってきましたし、走ってる姿もチームリーダーとしてよく引っ張ってくれてるので心強いですね。

(場内拍手)

アナウンサー ナゴヤドームに帰ってきて、いい形で勝利スタートを切る事が出来ました。
明日に向けてまた意気込みをお願いします。

与田監督 とにかく勝ってファンの皆さんに喜んでいただく事、声援が我々の力になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(場内拍手)

アナウンサー ありがとうございました。

与田監督 ありがとうございました。

場内アナウンス ダヤン・ビシエド!そしてこれぞエース!大野雄大!

(場内拍手)

アナウンサー 続きましては投打のヒーロー二人に来ていただきました。
まずは大野投手、完投での勝利、今のお気持ちいかがでしょう?

大野雄大投手 嬉しいですね。本当に、ここまで勝ててなかったので、勝てて嬉しいです。

(場内拍手)

アナウンサー 今日はチャンスで打席に回るところもあって、代打の準備をしているのかなという場面もあったんですが、あの辺りはベンチではどういう話をして打席に向かったんでしょうか?

大野雄大投手 あの前に、どうする?と聞かれて、次もいかせてくださいという事を自分で言って、なのでチャンスだったんですけど行きました。

(場内拍手)

アナウンサー 今日は5回以降、スワローズ打線を無失点に抑えました。
どういう球が相手打線を封じたでしょうか?

大野雄大投手 真っ直ぐの腕の振りですかね、やっぱり。最後後半ちょっとスピード落ちてても、腕の振りで気持ちで押し込めてたと思いますし、それがこういう最後まで投げられたという結果に繋がったと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 先に3点を失いましたが、頼れる4番バッターが同点に追いついてくれました。
その時の心境を教えてください。

大野雄大投手 本当にいつも簡単にホームラン打たれてしまって、申し訳ないんですけど(笑)
本当に3対0という状況から野手のみんながいっぱい点取ってくれて、何とかゲームを持ち直す事ができたと言いますか、それで僕もギリギリ持ち堪えられました。

(場内拍手)

アナウンサー では続いてビシエド選手に伺います。今日3打点、いつも通りの活躍でした。
大野投手が粘って投げる中で、どんな気持ちで打席に入ったんでしょう?

ビシエド選手 2打席目3打席目、チャンスで回って来たので、とにかく打とうと思って集中してました。大野投手がしっかり投げてくれていましたし、何とか打とうとして、いい風に打てました。

アナウンサー やはりバッターの皆さんは先に点は取られましたが、大野投手に勝ち星をつけるんだ、そんな思い、強かったんでしょうか?

ビシエド選手 そうですね。今日は大野投手が素晴らしい投球をしてくれて、本当に嬉しかったです。
勝利できて本当に良かったです。

(場内拍手)

アナウンサー 投打が噛み合っての勝利、明日以降もスワローズとの2連戦残っています。
では最後に一言ずつ、ビシエド選手から明日以降の意気込みをお願いします。

ビシエド選手 とにかく勝って、チャンスで回ってきたら打って、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。

(場内拍手)

アナウンサー では、大野投手、今日の完投勝利、最後一言締めて下さい。

大野雄大投手 はい。今日で開幕して僕自身7戦目の試合だったんですけど、金曜日に投げるピッチャーとしてここまで勝ちがついていなかった事が本当に情けなかったんですけど、皆さんがいつも応援してくださって何とかここまで踏ん張って今日勝てる事が出来ました。
次回以降もしっかり勝てるように腕振るんで、また応援の方よろしくお願いします。

(場内拍手)

アナウンサー ありがとうございました!
投打のヒーロー、大野雄大投手とダヤン・ビシエド選手でした!

(場内拍手)

8月1日 東京ヤクルト戦
与田監督・勝野投手・大島選手

アナウンサー まずは与田監督にお話を伺います。

(場内拍手)

接戦となりましたが、最後強い勝ち方でしたね。接戦から。

与田監督 はい。今日、本当に勝野がよく投げてくれましたし、8回で降板するという事になったんですけども、何とか選手たちがね、勝ち投手になる為によく点を取ってくれたと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 8回も決めたのは大島選手でしたけども、先頭の福田選手からのあの繋ぎ、本当に気持ちがこもってましたね。

与田監督 そうですね。それまでなかなか上手くいかなかったんですけども、何とか次の打席というそういう気持ちがあのヒットになったと思います。

アナウンサー そして改めて今季初勝利となった勝野投手、投げるごとに本当にどんどん良くなっていく、そんな風に見えるんですが、監督の目にはどう映ってますか?

与田監督 本当に仰る通りでね、最初初登板は凄く力んでいましたけども、徐々に持ち味の真っ直ぐを、どんどんストライクを取っていくという、本当に心強いピッチングで今日はよく投げてくれたと思います。

(場内拍手)

アナウンサー これで久々に連勝、カード勝ち越しとなりました。明日3連勝に向けてファンの皆さんに最後メッセージをお願いします。

与田監督 昨日に引き続き本当に温かい声援を頂いていますので、明日もよろしくお願いいたします。

(場内拍手)

アナウンサー ありがとうございました。与田監督にお話を伺いました。
そしてドラゴンズファンの皆さん、ヒーローインタビューです。
投打のヒーローにお越し頂きました。まずは勝野投手にお話を伺います。
今シーズン初勝利、そして一年ぶりプロ2勝目、今どんな思いでしょうか?

勝野投手 最初2試合チームに迷惑を掛けてしまったので、やっと勝てましたし、少しは力になれたと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 今日はヤクルトの小川投手、ここまで負けなしの投手との投げ合いとなりましたけども、1点を争う攻防、どんな思いで投げていたんですか?

勝野投手 とにかく相手に1点を与えない、勝つという気持ちを強く持って投げていました。

(場内拍手)

アナウンサー 特にあの6回、ピンチを招いて前の打席でタイムリーを打たれていた村上選手との勝負、あの時はどんな思いだったんですか?

勝野投手 最後は真っ直ぐで思い切りいっていやると思って、決めにいったので、結果もついてきて良かったと思います。

(場内拍手)

アナウンサー そして、代打を送られてから見ていた、今お隣にいる大島選手のタイムリー、あの瞬間というのはどんな事がよぎったんでしょう?

勝野投手 感謝の気持ちですね。はい。

(場内拍手)

アナウンサー 昨年のルーキーイヤーのプロ初勝利から、腰を痛めた時期もありましたが、あれから一年経ちました。どうでしょう?いろいろ感謝述べたいそんな人もいるかと思うんですけども、このプロ2勝目というのはどうですか?

勝野投手 そうですね。怪我をして、たくさんの人に支えてもらったりとか、アドバイスもらったりしてやっとここまで来られたので、この調子でどんどん勝って、支えてくれた人たちに恩返しがしたいと思います。

(場内拍手)

アナウンサー その恩返し、今日お越しいただいたファンの方もこのナゴヤドームでの勝野投手の初勝利、見届けてくれた声援を送ってくれたと思います。最後にファンの方にメッセージお願いします。

勝野投手 応援ありがとうございました。
次も勝てるように頑張るので、また応援よろしくお願いします。

(場内拍手)

アナウンサー ありがとうございました。まずは今シーズン初勝利、勝野投手にお話を伺いました。
そして見事な8回決勝打、大島選手にお話を伺います。

(場内拍手)

もうあの回に点を取らなければ、勝野投手に勝ち星がつかないという大事な場面でしたけども、どんな思いでバッターボックスに立ったんでしょう?

大島選手 本当に後ろからずっと見てましたし、何とか勝野にね、勝ちをつけてあげたいと思って、井領が最初1アウト1、3塁でバッターボックス入ったんですけど、点が入らずそのまま回って来たので、自分が決めてやると思って打席に入りました。

(場内拍手)

アナウンサー 今日、小川投手に対しては、その前までも2安打でしたが、気持ちの面ではどうだったんですか?

大島選手 そうですね。今年あんまりね、チャンスで得点圏打率というのがよくなくて、自分の中でも苦しんでいる部分があったので、今日をきっかけにね、どんどん打っていければいいなと思います。

(場内拍手)

アナウンサー ヒットの数も7試合続きまして、今日久々の猛打賞で、また3割乗せて来ましたね。

(場内拍手)

大島選手 そうですね。一つの目標ではありますし、ただまだシーズンはまだまだ続きますので、これを続けていけるように頑張ります。

(場内拍手)

アナウンサー チームはこれで久々の2連勝、カードも勝ち越しとなりました。チームの状況この2戦でどうですか?

大島選手 そうですね。なかなかね、流れに乗れない時期が続きましたけど、まだまだシーズンありますんで、これからだと思います。はい。

(場内拍手)

アナウンサー 月も変わりましたし、梅雨も明けましたし、明日3連勝に向けて最後にファンの方にメッセージを大島選手からお願いします。

大島選手 世の中ね、今大変な事になってますけど、そんな中でもこうやってドラゴンズ応援しに来てくれて、声援はあまり出せないですけど、気持ちは届いてます。

(場内拍手)

なので、ファンの皆さんの明日からの活力になれるように僕達も頑張っていきたいと思いますので、また応援よろしくお願いします。

アナウンサー ありがとうございました。今日のヒーロー、勝野投手、そして大島選手でした。