with Dragons

読むヒーローインタビュー hero interview

7月9日 横浜DeNA戦
小笠原投手・木下拓選手・与田監督

アナウンサー 放送席、放送席、ヒーローインタビューです。バッテリーのお二人にお話を伺います。
まず、見事に6勝目を飾りました小笠原慎之介投手です!

(場内拍手)

小笠原投手 ありがとうございます!

(場内拍手)

アナウンサー 今日はバンテリンドーム、昨日、柳投手が素晴らしいピッチングをした後のマウンド、どんな思いでマウンドに上がったんでしょうか?

小笠原投手 そうですね。
まぁ、あんないいピッチングされたんで、まぁまぁプレッシャーかかってましたけど、何とかいい感じで形で終われて良かったなぁと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 立ち上がりから、バッターの胸元を突くストレート、そして鋭く落ちるチェンジアップ、凄く手応えあったんじゃないでしょうか?

小笠原投手 そうですね。前回課題でもあったゾーンで勝負するというのが、出来たかなと思います。
もう木下さんのおかげです。ありがとうございます。

(場内拍手)

アナウンサー 1対1という緊迫した場面で、7回の裏にお隣の木下さんのホームラン飛び出しました。その時の気分はどうでしたか?

小笠原投手 いやぁもう本当にやってくれると思って、ベンチでも一発お願いしますと言って、本当に打ってきてくれたんで、僕あの逆にびっくりしました。はい。

(場内拍手)

アナウンサー 嬉しいホームランでしたね。そして小笠原投手、2018年5勝が今までキャリアハイだったんですが、まだシーズン半ばです。
自己最多6勝目を飾りました!

(場内拍手)

小笠原投手 ありがとうございます。

(場内拍手)

アナウンサー まだまだシーズンは続きます。今後もっと高い目標を持っていると思うんですが、いかがでしょうか?

小笠原投手 とにかくチームが勝つように、自分が出来るピッチングを1日1日やっていきたいなと思います。

(場内拍手)

アナウンサー はい。ありがとうございます。ではその小笠原投手を引っ張りました、そして決勝ホームラン、木下拓哉選手です!

(場内拍手)

木下拓哉選手 ありがとうございます!

(場内拍手)

アナウンサー さぁ、今日はまず小笠原投手とのコンビ、立ち上がりどんなお気持ちだったんでしょうか?

木下拓哉選手 えーまぁ、そうですね。
あの借金が多い状況ですけど、何とかジャイアンツ、ビジターで勝ち越して帰って来たんで、あの本当にこの2カード残り大事だと思うんで、慎之介が何とか頭取れればいいなと思って、はい試合に入りました。

(場内拍手)

アナウンサー 昨日は柳投手を引っ張り、そして強肩でチームを助けました。
そして今日はバットで見事に勝利を呼び込みました。あの打席はどんな気持ちでバッターボックス入ったんでしょうか?

木下拓哉選手 まぁ慎之介に一発お願いしますとベンチで言われたんですけど、大分簡単に追い込まれたんで、まぁ無理だなと思って、はい、いましたけど、何とか先頭だったんで塁に出ようと思ってましたけど、甘い球を一発で仕留めれて良かったと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 一発のある木下さんが、6月はホームランが無かったんですよね。久しぶりの一発でした。手応えどうでしたか?

木下拓哉選手 そうですね。
慎之介も6勝が最多っていうことなんですけど、僕も今日の7本目が最多なんで、まぁちょっとあのキャリアハイの重圧に苦しんでました。
嘘です。ありがとうございました。

(場内拍手)

アナウンサー もうファンの皆さんは、倍と言わず3倍位はホームラン打って欲しいなと思ってるんじゃないでしょうか?
3倍位はホームラン、20本位はホームラン打って欲しんじゃないでしょうか、ファンの皆さんは?

(場内拍手)

木下拓哉選手 はい。ホームランもそうですけど、やっぱりチームもこういう状況なんで、何とか勝ちに貢献出来ればいいと思って、はい。
これからもやっていきます。

(場内拍手)

アナウンサー はい。ありがとうございます。
小笠原さん、えーこれで9連戦終わるとしばらくオリンピックウィークに入ってしまうんですが、今後に向けて抱負をもう一度お願いします。

小笠原投手 はい。えー、一生懸命頑張ります。よろしくお願いします。

(場内拍手)

アナウンサー 木下さんもファンの皆さんへメッセージ、明日明後日もゲームあります。お願いします。

木下拓哉選手 そうですね。まだ借金が8ある状況なんで、残りオールスター前まで5試合、はい全部勝てるように頑張りたいと思います。
今日はありがとうございました!

(場内拍手)

アナウンサー はい。期待してます。ありがとうございました!今日のヒーロー、小笠原投手、木下選手でした!

(場内拍手)

アナウンサー 勝ちました与田監督です。よろしくお願いします。

与田監督 はい。お願いします。

アナウンサー 今日のゲーム振り返っていただきます。まずは相手ピッチャーがロッテからトレードで移籍して来た有吉投手でした。
その有吉投手から2回鮮やかに先制点、まずはあの2回の攻撃振り返ってください。

与田監督 そうですね。非常にいい形でした。
チャンスを作りましたけども、まぁ本当はもう1点欲しいところでしたけど、まぁ先制点よく取ってくれました。

アナウンサー そしてドラゴンズの先発は小笠原慎之介投手、7回四死球無し、1失点という好投、ゲームを作りました。

与田監督 ええ。本当に見事なピッチングで、特にフォアボールが一つも無かったというのが、まぁこれ一つの課題だったので、よく頑張りました。

アナウンサー 1対1に追いつかれました。次の1点がどちらに入るかというところで、7回木下拓哉選手の一発です。

与田監督 うん、もう本当にホームランの威力というか魅力というかね、そういったものを魅せてくれましたね。

アナウンサー そして試合の終盤、8回又吉投手、9回はライデル・マルティネス投手、盤石のリリーフ陣ですね。

与田監督 ええ。本当に安心して見ていられましたね。はい。

アナウンサー さあ、今日の勝利で勝ち星が付いた小笠原投手は、自己最多の6勝ということになりました。
これからの小笠原投手に与田監督どのようなことを期待していきますか?

与田監督 ええ。昨日の柳と共にね、若い世代、軸になって欲しいピッチャーですから、もっともっとね、勝ち星を増やして欲しいと思います。

アナウンサー そして今日試合前、田島投手とジャリエル・ロドリゲス投手が登録されました。この二投手にはどういったところを期待していきますか?

与田監督 えぇ田島も手術から復活をして、非常に2軍でもいい状態で投げてきましたし、ジャリエルもリリーフとしてね、まぁ残り試合しっかり戦って欲しいなと思います。

アナウンサー さあドラゴンズは、前のカードで9カードぶりの勝ち越し、そしてこのカードも頭を取りました。意気込みをお願いします。

与田監督 えぇ、とにかくやっぱり名古屋、地元の声援というのがね、ファンの皆さまの力というのが非常に助かります。
明日もよろしくお願いします。

アナウンサー ありがとうございます。勝ちました与田監督でした。

与田監督 ありがとうございました。

7月10日 横浜DeNA戦
福留選手・松葉投手・与田監督

アナウンサー このバンテリンドームナゴヤでのホームラン福留孝介選手、そして今シーズン初勝利、松葉貴大投手のお二人です。

(場内拍手)

さぁそれでは、福留さんから伺いましょうか。
えぇ今シーズン第2号、ついにこのバンテリンドームナゴヤでの一発が出ました。感触どうだったでしょう?

福留選手 まぁそうですね。
あの追い込まれてたんですけど、バットの芯には当たってくれてたので、まぁあの皆さんの声援で届いてくれたんじゃないかなと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 福留さんがそのドラゴンズのユニホームを着ての、このバンテリンドームナゴヤでのホームラン、2007年以来14年ぶりです。

(場内拍手)

このバンテリンドームのやっぱり広さというのは感じましたか?久しぶりに。

福留選手 いやぁ、あのー、毎回広いなと思ってます。

アナウンサー まぁそのホームランもありましたが、内野安打それからツーベースと今日は猛打賞の3安打。いいバッティング見せてくれました。

(場内拍手)

福留選手 そうですね。あのー、良かったです。

アナウンサー えぇそしてスリーベースが出ればサイクルヒットなんてことも我々考えてしまいましたけれども、意識はどうでしょうか?

福留選手 足がもちません。

(場内笑&拍手)

アナウンサー じゃあこの夏もうちょっと走ってもらって、次はサイクルヒットもということですが。
これでチーム3連勝、あのオールスター、そしてオリンピックブレイク前に上がってきたと見ていいでしょうか?

福留選手 そうですね。上がってきたというよりも、一つ一つ丁寧に今3試合続けてこう出来てるんじゃないかなと思います。

(場内拍手)

アナウンサー まぁ今日は福留さんのバットも勝利に貢献ですが、お隣にいらっしゃる松葉投手もいいピッチングでした。
その松葉投手に声を掛けてもらえますか?

福留選手 そうですね。
本当にファームからまた上がってきて、久しぶりに投げて、凄くこうテンポよくね、守ってる僕らもやっぱりそういうテンポで攻撃のリズムっていうのも出来ると思いますし、本当に守りやすかったです。

(場内拍手)

アナウンサー さ、そんな福留選手からの言葉を受けて、では松葉投手に伺いましょう。今シーズンの初勝利です。ナイスピッチングでした!

松葉投手 ありがとうございます!

(場内拍手)

アナウンサー およそ2ヶ月半ぶりのこの一軍のマウンド、緊張感もあったと思いますが、どういう気持ちで初回のマウンドに立ったんでしょう?

松葉投手 そうですね。
やっぱり緊張感はあったんですけど、それよりもこの数少ないチャンスを何とかものにするっていう気持ちの方が強かったです。はい。

(場内拍手)

アナウンサー このチャンスをものにする為には、二軍での本当に辛く長い期間もあったと思いますが、どんなことを考えながらこのマウンドに立つことを考えてたんでしょう?

松葉投手 そうですね。
唯一開幕ローテーションの中で自分だけ下に落ちたということだったんで、もう本当に凄く悔しかったので、この期間、ファームの監督、コーチにいろんなアドバイスをいただいて、それが今日こういう形で結ばれて本当に良かったと思います。

(場内拍手)

アナウンサー そのピッチングですが、2回3回といずれも先頭バッター、ツーベースからのもう大ピンチを凌ぎました。粘りましたね。

松葉投手 そうですね。その粘り強さが自分の良さだと思うので、これからもしっかり、ピンチでもしっかり粘れるように頑張りたいと思います。

(場内拍手)

アナウンサー えぇそして4回にはキャプテンの高橋周平選手の先制打、それから相手のミスにも乗じての4得点。大きな援護もありました。
この援護、どういう風に感じてましたか?

松葉投手 いや本当に先に点取ってもらったので、本当に自分も投げやすかったですし、本来やっぱり6回も0で帰って来れれば一番良かったかなと思います。

アナウンサー まぁそこは次への反省点ということで、お隣の福留さんが、こう振り返ると5回のあのホームランというのもゲームの流れの中で大きな一本だったと思いますが、どんな風に見てましたか?

松葉投手 もう打った瞬間に行ったと思って、やはり自分も力もらいましたし、何とか自分もしっかり投げるんだっていう気持ちでマウンドに上がりました。

(場内拍手)

アナウンサー 今日は昇竜デーということで、昇竜キッズユニホーム、小学生以下の子供たちにユニホームが配られて、同じユニホームでみんながパワーを送ってくれたと思いますが、そんな小さなファン達にも一言お願いします。

松葉投手 えぇそうですね。
まあそんなに凄い成績出してるわけではないですけど、プロ野球選手の代表として、これからも夢を与えられるように頑張っていきたいと思います。

(場内拍手)

アナウンサー 今日の勝利で、オールスター、オリンピックブレイク明け、また再びローテーションへということにもなってくると思いますが、後半戦に向けての意気込みを改めて聞かせてもらえますか?

松葉投手 そうですね。
やはりまだまだチームに貢献出来てないと思うので、もっともっとしっかり練習して、必ず次はもっといいピッチングが出来るように頑張りたいと思います。

(場内拍手)

アナウンサー ではもう一度、福留選手にも今日のこの昇竜キッズデー、昇竜ユニホームを着た子供達に向けても最後に一言もらってヒーローインタビュー締めたいと思います。

福留選手 まぁそうですね。
あの本当にまだこういう小さな子供達が野球をやって、またここでプレーをしたいと思ってもらえるような、そういうプレーをチーム一丸となってやって行けるように頑張ります。

(場内拍手)

アナウンサー 3連勝2カード連続の勝ち越しとなりました、ドラゴンズ投打のヒーロー、福留選手、松葉投手に伺いました。

アナウンサー では3連勝の与田監督です。なかなか中身の濃い勝利にも見えましたが、いかがですか?

与田監督 えぇみんな本当に少ないチャンスというかね、少ないと言ったら怒られるな。
チャンスをものにしてくれましたし、福留のね、見事なホームラン、非常に雰囲気良くなりましたね。

アナウンサー 何かこうその流れを引っ張っていた、何とか我慢していた松葉、久しぶりの登板でしたけども、この辺いかがでしょうか?

与田監督 もう本当に緊張かなりしたと思うんですけども、序盤からテンポよく横浜打線強い選手多いんですけどね、挑んでくれましたね。

アナウンサー そしてベテラン福留のあの一撃ですね。
本人もこのバンテリンドームで打ちたいという思いが強かったと思いますが、その辺りいかがでしょう?

与田監督 うん。打った瞬間、よし入った!という感じはしたんですけども、本当にあのいい一発でした。

アナウンサー そして攻撃の手も緩めないで、それからリレーも、ちょっと谷元心配ですけれども、しっかり最後はまっていったようにも思ったんですが、その辺りいかがでしょうか?

与田監督 急遽登板の祖父江もしっかりこなしてくれましたし、本当にいい形で投げ切ってくれました。

アナウンサー 谷元投手についてはいかがですか?

与田監督 ええ。あのそんな大きな心配はないと思うんですけども、念の為しっかりと見てもらおうと思ってます。はい。

アナウンサー そして最後のライデル・マルティネスはやはり戻って来て、圧巻だなという感じもしましたが、いかがでしょうか?

与田監督 ええ。今日は4点リードの場面でしたけども、本当にしっかり投げてくれましたね。コントロールも安定してます。

アナウンサー 久々の3連勝で、明日は前半戦ブレイク前の最後の本拠地ということで、ちょっと我慢の続いている勝野が登板で、その辺りはいかがでしょうか?

与田監督 この流れで何とか先取点を渡さないと、そういうピッチングを見せて欲しいですね。

アナウンサー 先取点を取れば非常に強いですが、明日も頑張ってください。

与田監督 はい。ありがとうございました。

アナウンサー 与田監督でした。