with Dragons

ニュース news

社会貢献第1弾「バット&ボール」を17チームに寄贈

2021/1/21

プロ野球中日ドラゴンズのオフィシャルパートナーであるエディオン、中日新聞社、プロトコーポレーション、ミズノの4社は、ドラゴンズ社会連携活動の一環として1月19日に、中学軟式野球チームの名古屋ドジャースにバットを贈呈いたしました。

「with Dragons」と銘打って今年からスタートした活動は、中学生の野球チームにバットやボールをプレゼントして応援するもので、今回がその第1弾となります。

昨年8月にともにコロナ禍で中止となった、中部日本地区選抜中学軟式野球大会に参加が決まっていた9チームにはバットを1本ずつ、硬式野球の中日ドラゴンズカップに出場予定だった8チームには硬式ボール1ダースずつが贈られました。

贈呈を受けたのは軟式は名古屋ドジャースのほか、氷見西條中クラブ(富山)、海星中(三重)、大和中(新潟)、桔梗クラブ(長野)、竜爪・西奈中(静岡)、星稜中(石川)、白川中(岐阜)、彦根東中(滋賀)。

硬式は知多東浦シニア、豊田シニア、愛知守山ボーイズ(以上愛知)、奥伊勢松阪シニア、伊勢志摩ボーイズ(以上三重)、菊川ボーイズ(静岡)、小松ボーイズ(石川)、バンディッツヤング(富山)の各チーム。 (高野行正)

また、ナゴヤドームのペデストリアンデッキに掲出された「選手バナー」を名古屋聾学校の被服科の生徒により、バットケース、トートバッグを製作し、バット、硬式ボールとともに、各チームへ贈呈いたしました。

バットを贈られた名古屋ドジャース=名古屋市中村区の名古屋ドジャース室内練習場で

出典元:中日スポーツ