ファームニュース

Hola!-ドミニカ武者修行- Vol.1 「到着」

2009/9/29

日本を発って途中ニューヨーク、プエルトリコを経由して22時間、カリブ海に浮かぶ島国・ドミニカ共和国に到着。空港を一歩踏み出すとそこはカリブ特有の熱気に包まれたじめっとした風が吹く。高温多湿なこの時期はちょうど雨季から乾季の変わり目。到着したのが夜の10時を回っているというのに汗ばむこの感じ、いよいよ来たかドミニカに!

ドラゴンズのドミニカ派遣も今年で4度目を迎える。今回の挑戦者に選ばれたのは長峰昌司選手、山内壮馬選手、谷哲也選手の3名。そして挑戦の場となるのはドミニカ共和国第三の都市、サンペドロ・デ・マコリスを本拠地とするエストレージャス。かつてはサミー・ソーサもプレーした1910年創設の古豪球団。毎年アメリカでプレーしているドミニカ選手が参加するウィンターリーグは近隣4カ国(ドミニカ共和国、ベネズエラ、プエルトリコ、メキシコ)において名実ともにトップクラス。特に11月12月になると「本物」たちも合流し、本気度も増すのだ。もしかするとロビンソン・カノ(ヤンキース)と谷哲也の二遊間が実現するかも…。

練習初日、4度目挑戦の長峰選手は見事にチームに溶け込んでいる。選手、コーチ陣、スタッフ達、みんな笑顔で迎えてくれる。緊張気味の山内・谷両選手も練習終了時には周りの選手と身振り手振りを加えて談笑(?)。実は練習前のミーティングで監督のカルロスから「毎日練習後までに(スペイン語の)単語を2つ覚えるように!」と宿題が出されていたのだ。まずはコミュニケーションから!

本日のスペイン語

mucho gusto(ムチョ グスト) はじめまして
por favor(ポル ファヴォール) お願いします

94 住田ワタリ コンディショニングコーチ

94 住田ワタリ コンディショニングコーチ

ドミニカ共和国はパソコン接続環境があまり良くないため、あまり写真が送れません。
また不定期更新となってしまいますが、頑張ります!

→監督・コーチのプロフィール