ファームニュース

Hola!-ドミニカ武者修行- Vol.8 「夢」

2009/10/15

ある選手は母国を捨て「夢」を掴みにやってきた。キューバ代表として長らくプレーした彼は母国ではスター選手。しかし、キューバではプロ野球選手も区別なく同じ「労働者。」どれだけ成績を残そうが、有名になろうが生活水準の向上は望めない現状がある。 「(野球で)飯を食う」ために海を渡った彼は米大リーグ入りを熱望している。 アメリカ最南端のフロリダ半島からキューバまで僅か100マイル足らず(160キロ)。亡命した彼は首都ハバナに妻子を残している。「いつかきっと会える」生死の危険を冒してまで荒海に身を投げ出しやってきた彼の「願い」が届くことを信じてやまない。

ラテン諸国では貧困から抜け出す手段の一つとして「野球」がある。その先は米大リーグでプレーすること。選ばれたものしか立てないフィールドを目指して誰もが同じ夢に向かって戦っている。若ドラ達も帰国するまで「野球という飯」を腹一杯味わってもらいたい。ドミニカウインターリーグは16日に開幕する。

本日のスペイン語

Que paso?(ケ パソ) 何かあった? どうかした? 「挨拶」として使われることもある(友人同士)。
Tranquilo(トランキーロ) 落ち着く、静けさ、という意味だが、「いつも通り(普通だよ)」という意味でよく使われる。

94 住田ワタリ コンディショニングコーチ

94 住田ワタリ コンディショニングコーチ

ドミニカ共和国はパソコン接続環境が良くないため、あまり写真が送れません。
また不定期更新となってしまいますが、頑張ります!

→監督・コーチのプロフィール