ファームニュース

Hola!-ドミニカ武者修行- Vol.15 「お金の話」

2009/11/4

所属するエストレージャスの給料日は15日と30日。シーズンが始まって初めての給料日とあって選手、裏方さんも試合後立ち寄った売店でビール・ウィスキーを大量に買い込む。「この日の為に、酒を5日間我慢してたんだ」とウィスキーの瓶を抱きかかえながらバスに乗り込む裏方さん。詳しく聞くと、5日前に所持金が底をついて買えなかったのが本当の理由らしい。

ドミニカ人はとにかくお金の話が好きなようだ。他人の給料が気になるようで、今はト二・ブランコの契約の話題で盛り上がっている。エストレージャスに籍を置くブランコ選手の「ジャパニーズドリーム」を自分のことのように話す選手やコーチも現れる。口をそろえて「彼は大金持ちになった、これでもう働かなくていいさ」

ドミニカ人選手がよく口にする「1億円を稼いだらリタイア」計画。この国では1億円あったら「死ぬまで楽して暮らせる」というのだ。とにかく「お金を稼ぐ」その手段が野球選手になること。「日本に行きたい」と口を揃えて話す若い選手たち。「なぜ日本」の問いに「リッチになって母親を楽にさせたいんだ」

ドミニカ人選手が夢見る「黄金の国ジパング」。日本行きを熱望する選手たちの多さに驚いた。今シーズン日本でプレーしたドミニカ出身選手の数は7人。来季は何人のドミニカンが海を渡るのか。今から楽しみだ。

本日のスペイン語

「すみません」が口癖の日本人。ドミニカも状況に応じて使い分けます。
Con permiso(コン ペルミッソ) 退席時や、人前を通る時などの「すみません」
Disculpe(ディスクルペ) (人・物に)接触した時、間違いを謝罪する時などの「すみません」
Perdon(ペルドン) ディスクルペと同様。
Lo siento(ロ シエント) 自分に非がある場合に使う「すみません」
※もちろん使い方には個人差がありますし、国によっても違います。

94 住田ワタリ コンディショニングコーチ

94 住田ワタリ コンディショニングコーチ

ドミニカ共和国はパソコン接続環境が良くないため、あまり写真が送れません。
また不定期更新となってしまいますが、頑張ります!

→監督・コーチのプロフィール