ドラゴンズニュース

侍ジャパンに吉見、浅尾両投手が選ばれました

2012/1/27

3月10日(土)に東京ドームで行われる東日本大震災復興支援ベースボールマッチ、侍ジャパン対プロ野球台湾代表との試合で、侍ジャパンのメンバーに中日ドラゴンズからは吉見一起投手、浅尾拓也投手の2選手が選ばれました。

メンバーに選ばれ、吉見投手は「責任を感じて投げたい、勇気や希望を与えたいです」
浅尾投手は「光栄です。僕が投げることで被災者の方たちに少しでも何かを感じていただければ、と思って投げたいです」とそれぞれ話しました。

同大会は復興支援の一環として開催し、プロ野球12球団、全日本アマチュア野球連盟、台湾のプロ野球組織・中華職業棒球大連盟(CPBL)の協力を得て、宮城県、岩手県、福島県で被災され、現在ご自宅を離れて、関東地方(1都6県)で生活されている方、12,000人を2階内野自由にご招待。
また大会終了後は「侍ジャパンチャリティーオークション」を実施し、本大会に出場した侍ジャパンのメンバーが着用したユニホームに、直筆サインしたものをインターネットオークションに出品いたします。
大会の収益金の一部とともに、オークションの売上金は東日本大震災の被災地、被災者への義援金として全額を寄付いたします。