NPB12球団ジュニアトーナメント2016

ドラゴンズジュニア オリックス・バファローズジュニア戦

2016/12/27

バファローズ戦に8-0で勝利

12月27日に「NPBジュニアトーナメント2016supported by 日能研」が開幕、ドラゴンズジュニアチームは初戦でバファローズジュニアチームと対戦しました。

1回表1死、南選手が中前打で出塁すると、すぐさま二盗を決め、1死二塁から久野選手の右前タイムリーで先制します。

先発はキャプテンの三浦選手、立ち上がりを三者凡退に抑えると5イニングを投げ1安打無失点に抑える好投を見せます。

6回にも南選手のヒットから久野選手のタイムリーで追加点、攻撃の勢いは止まることなく、7回も加藤選手がチーム初となる本塁打を放ち、西脇選手のタイムリーなど打者一巡で5点を挙げます。

最後は6回から登板の宮本選手が2イニングを1安打無失点に抑え、初戦を8-0の完封勝利としました。

開会式で選手宣誓をする三浦選手

いよいよ試合開始、円陣を組み気合を入れます

1回表1死二塁、久野選手の右前タイムリーで1点を先制

先発は三浦選手、5回を1安打無失点に抑える好投を見せました

ショートの守備で好守を見せた鈴木選手

6回表1死二塁、久野選手のヒットでタッチを交わしながら生還する南選手

7回表2死レフトへソロホームランを放ちガッツポーズの加藤選手

7回表2死二塁、西脇選手のタイムリー二塁打でダメ押し、8-0とします

最後は宮本選手が抑えてゲームセット

初戦は8-0の完封勝利、いい形でスタートを切ることができました!