NPB 12球団ジュニアトーナメント 2016

ドラゴンズジュニア解団式

2017/3/19

中日ドラゴンズジュニア2016の解団式を3月19日(日)清須市春日公民館にて行いました。
解団式前には、清須市春日グランドで保護者チームとの対戦や、紅白戦を実施しました。
湊川誠隆監督(中日ドラゴンズOB)もお忙しい中駆けつけてくれました。

大会連覇を目標に、昨年10月9日(日)に愛知・岐阜・三重・静岡から選出された、18名の選抜チームとして結団しました。
本大会までの約3ヶ月間は各週末の土日、各地で練習や試合を行いチーム力を高めて大会に挑みました。

NPBジュニアトーナメント本戦(12月27日~29日:宮崎県)では、予選リーグ1勝1敗で、惜しくも決勝トーナメント進出することは出来ず、目標の連覇は達成できませんでした。
残念ながら悔し涙を流すことになりました。

チームはキャプテンの三浦選手を中心に良くまとまりました。
保護者の皆様も懸命にサポート・応援をしてくれました。

結果は目標を到達できませんでしたが、選手達は色々な体験ができたと思います。
そして素晴らしい仲間ができたと思います。

今後は「夢」を持って欲しいです。
その夢を叶えるために「目標」を持って欲しい。
その目標を達成し続けて、諦めなければ、夢に近づけると思います。
中日ドラゴンズジュニアに選出されたことで、目標を達成するために必要な「我慢すること」ができる「礎」ができたと信じます。

第12期中日ドラゴンズジュニアのメンバーの今後の活躍を見守りたいと思います。