2010年 ドラフト入団選手

写真
ドラフト 4巡目 54 森越 祐人もりこし ゆうと
年齢 22歳
生年月日 1988年8月11日
身長・体重 178センチ 70キロ
ポジション 内野手
投打 右投右打
出身(球歴) 愛知啓成高等学校-名城大学

森越祐人選手 談話

こんにちは、10月28日のドラフト会議で四位指名をいただいた森越佑人です。
自分は名城大学からこの中日ドラゴンズに入団することがきまったんですけど、先輩が3人おられて、その先輩がみんな活躍されているので、いままでお世話になった人にもそうですけど、自分は野球がこれから仕事になるので、プレーで恩返しするしかないと思うので、しっかり一軍で試合に出て、それを皆さんに観てもらえたら、それが恩返しになると思うので、プレーで恩返しできるようにこれから頑張っていきます。これからも応援よろしくおねがいします。

森越祐人選手 質疑応答

Qドラゴンズのユニホームを着ていかがですか

A素直に嬉しいという言葉しか出てきません。トイレ行って鏡で何度も見たんですけど、まだちょっと違和感というか、似合ってないなと感じました。

Q周りの反応は変わりましたか

Aずっと高校、大学と地元でやってたので応援してくださる方も多いですし、先輩もそうですけど、励ましの電話やメールが多くなりました。

Q大学時代、プロで活躍する同世代の選手をどんな気持ちでご覧になっていましたか

A堂上直倫君とも高校の時に対戦して、すごいオーラがあってプレーもすごいという印象を受けていたんですけど、その堂上直倫君でも一軍に出るのに4年間、4年目でやっと出ることができたということを新聞・テレビで見ていたので、それだけ厳しい世界なんだなというのはずっと感じながらも自分はプロに行くという気持ちは忘れずに大学でプレーしていました。

Qそういうなかでプロの道に飛び込んでいかがですか

A自分は野球が好きなので、その気持ちを忘れずに思い切りプレーして、その中で結果が出せれば一番良い形だと思います。

Qどのような選手になりたいですか

A自分はあまり体が大きくないので、井端さんみたいな粘っこいバッティングであったり、堅実な守備であったりというところが求められていると思うので、まずしっかり守備で信頼されるような、森越のところへ飛んだら大丈夫だと思われるような遊撃手になりたいと思います。

中日パレスにて