2010年 ドラフト入団選手

写真
ドラフト 1巡目 22 大野 雄大おおの ゆうだい
年齢 22歳
生年月日 1988年9月26日
身長・体重 183センチ 78キロ
ポジション 投手
投打 左投左打
出身(球歴) 京都外大西高等学校-佛教大学

大野雄大選手 談話

こんにちは、10月28日のドラフト会議でドラゴンズより一位指名を受けました大野雄大です。
まず初めにドラゴンズという素晴らしいチームで野球ができるというチャンスを与えてくださった西川社長、落合監督、スカウトの方々、またドラゴンズの関係者の皆さま、ありがとうございます。
僕は大学生活の最後のシーズンは肩のケガのため、まったく放れずにシーズンを終えてしまったんですけど、それでも僕のことをスカウトの皆さんは認めてくださって、僕を指名していただきました。その感謝の気持ちは、この先ずっと忘れることなく、ずっとプレーしていきたいと思いますし、早く期待に応えるというよりも、自分自身が這い上がってプレーできる選手に、なっていきたいと思います。
同世代には素晴らしいピッチャーが多くて、日本ハムファイターズに指名された斉藤佑樹投手や広島の前田健太投手、楽天の田中将大投手や凄いピッチャーが一杯います。僕はそのピッチャーに負けないくらいのピッチャーになりたいと思います。それは簡単な事ではありませんが、この先ドラゴンズで、しっかりと経験を積んでいけば、不可能ではない事だと思っています。この先僕はドラフト一位指名という名に恥じないような選手になっていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

大野雄大選手 質疑応答

Q中日ドラゴンズの一員になっての感想

A昨日正式契約を終えまして、本当にドラゴンズの一員になったという実感も湧いてきました。これから、そうですね1月の半ばから合同自主トレが始まって、勝負の世界が始まるわけですが、ここに自分がこういう形でドラフト指名を受けて本当に一日でも早く一軍のマウンドに上がってチームの勝利に貢献して恩返ししたいという気持ちでありますので、先ほど1月中旬からと言いましたが今日から勝負は始まっていると思うので頑張っていきたいと思っています。

Q背番号は22に決まりました。どのようなイメージをお持ちで、そして実際にユニホームを着ていかがですか

Aとても良い番号を頂いたと思っています。ドラゴンズの背番号22番といえば大野雄大とすぐ皆さまが思っていただけるような選手になりたいです。

Q先ほどいろいろなピッチャーの話がでましたが、さらにどんなバッターと対戦してみたいですか

A今のところ巨人の坂本選手が同い年なので、同い年なのにすごく良いバッターで巨人の1番を打っていて凄いバッターだと思いますし、そういうバッターを抑えられればいいなと思います。

Qどういうピッチャーになりたいですか

Aいろいろな思いはあるんですが、とにかくドラゴンズに恩返しができるピッチャーに、どんな形でもいいので恩返しができるピッチャーになりたいです。

Qこの会見にあたりお母さんとどんな話をされましたか

A母親と二人でいるときにはなかなか感謝の言葉を自分から伝えることはできていないですが、本当は心から感謝していますし、今日もこの場にいてくれて、一緒にまたこれからがんばっていこうという気持ちでありますし、これからも迷惑をかけると思うんですが、支えてもらいたいです。

Q将来どんなピッチャーになりたいですか。また自分のセールスポイントは

A僕のセールスポイントは自分の一番の持ち味であるストレートでどんどん押していくピッチングと、強気のマウンド度胸と言いますか、そういうプレーが僕の持ち味なので、そういうプレーをこの先もずっと続けていって、足りないところは伸ばしていって皆さまに愛されるような選手になっていきたいです。


中日パレスにて