2010年 ドラフト入団選手

写真
ドラフト 2巡目 3 吉川 大幾よしかわ だいき
年齢 18歳
生年月日 1992年8月21日
身長・体重 175センチ 70キロ
ポジション 内野手
投打 右投右打
出身(球歴) PL学園高等学校

吉川大幾選手 談話

おはようございます、ドラゴンズから二位指名いただきました吉川です。このドラゴンズという素晴らしい球団に入らせていただきました事を深く感謝しています。
自分はまず技術うんぬんよりも、だれにも負けない気持ちがとくに強いと思っていますので、これからその気持ちを先走らずにケガだけは気をつけて頑張っていきたいと思います。自分も二位指名という上位で入らせて頂きましたので、深く感謝してその名に恥じないように頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

吉川大幾選手 質疑応答

Q背番号3番、ユニホームを見て、実際に着てみていかがですか

Aすごく自分の中ではプレッシャーに感じるんですけど、周りのスカウトの方々が、そんなプレッシャーに感じなくていいよとか、これから自分の背番号にしていったらいいとか、そういう言葉を頂いているので支えになります。

Q3番のイメージは

A立浪さんの背番号というイメージしかないので、今までは別に好きな番号でもなかったですし、ラッキーナンバーとかではなかったですけど、でもこれからこの番号と一緒にやっていきたいと思います。

Q学校の先輩でもある立浪さんとはどんな話をされましたか

A自分はすごく立浪さんのように開幕一軍を目指していたんですけど、そういう気持ちが大きすぎると怪我に繋がるので慌てなくていいよという言葉を頂きました。

Qどんな目標でプロに臨みますか

Aやっぱり絶対に怪我をしない選手であったり、怪我とうまく付き合っていける選手であったり、1年目から1軍で出て行きたいと思います。

Q尊敬する先輩立浪さんも1年目から1軍でした。やはり気になりますか

Aそうですね。結果が問われる世界だと思うので、一年目からそういう結果を出していって、将来も多くのタイトルを取っていきたいなと思います。

Qまず誰と対戦したいですか

APLの先輩でもある前田健太投手が、オフシーズンとかになったらPLに挨拶に来ていただいてすごくプロの話とかさせていただいているので対戦してみたいです。

Q自分の目指すところ、セールスポイントをお願いします

Aやっぱり自分はこの足であったり、父親、母親から頂いた体であまり足の速い選手というのは、速くしようとしてできるものではないと思うのでそういう部分を生かしていきたいと思います。


Q監督の印象は

Aすごく緊張しているんですけど、立浪さんのような選手になりたいと思っているんですけど、落合監督のような成績も残したいと思っているので、そこを目指していきたいと思います。


中日パレスにて