2015年 ドラフト入団選手

写真
ドラフト 4位 34 福 敬登ふく ひろと
年齢 23歳
生年月日 1992年6月16日
身長・体重 178cm 87kg
ポジション 投手
投打 左投左打
出身(球歴) JR九州

福 敬登選手 挨拶

JR九州から参りました福敬登と申します。ドラゴンズの勝利のために精いっぱい頑張りますので応援よろしくお願いします。

福 敬登選手 質疑応答

Qユニホームに身を包みました。今のお気持ち聞かせてください。

A長年夢であったプロ野球選手になりたいっていうのを今日、こうやってユニホームに袖を通すことができて本当に光栄なことだと思っております。

Qそして皆さんの目が釘付けですけれども、背番号34。この背番号を背負うことになりました。いかがですか?

A長年レジェンドとして活躍されていた山本昌投手の背番号を引き継ぐっていうのは、とても責任感が重いことだと思いますし、それに耐えれるような精神力もしっかり鍛えていって、山本昌さんの次の福がだめだったら34番を汚してしまうことになるので、もっといい番号にできるように自分がまた努力しないといけないなと思ってます。

Q実際に山本昌投手のことを尊敬しているという話も伝わっておりますけれども、どういうところを尊敬し、どういうふうに目指していきたいと考えていますか?

A50歳まで現役を続けるっていうのは、普通の体では無理だと自分では思っておりまして、そのための体作りであったり、そのコンディションの調整であったり、怪我をしない方法であったり、長くやっていくというのをまずは聞いてみたいというか、どうやればそういう息の長い選手になれるかというのをまずは聞いてみたいと思います。

Q福さんはサウスポーですしチームにとっても貴重な戦力になるかと思います。来年はどういう一年にして、どういう活躍をしていこうと今描いているんでしょう?

A社会人から入ってくるということもあって即戦力であると自分は思ってますので、一年目からしっかりナゴヤドームのマウンドで投げて、やっぱり34は福だったなっていう、34は福で良かったなと思われるような選手にまずこの一年なりたいと思ってます。

Qマイクの扱いが慣れてらっしゃるんですけれども、やはりそれは社会人時代の駅でのアナウンスメントなど。

Aそうですね。小倉駅で長年駅員やってましたので、マイクパフォーマンスは結構得意な方だと思ってます。

Qもしよろしければ今ご披瀝していただいたり。

A駅員のいつもやっているアナウンスさせていただきます。「特急方面博多列車ご利用のお客様にご案内いたします。特急ソニック34号博多行きご利用のお客様は7番乗り場でお待ちください」

Qというようなアナウンスで今度は自分を将来へと運転していかなくちゃいけませんけれども、どういうプロ野球選手になっていきたいと思いますか?

Aやっぱり息の長い選手になりたいっていう、山本昌さんが目標としてますんで、怪我なくしっかりまずは下半身、土台である部分をしっかり鍛えていきたいと思ってます。

Qそのどの土台の一年目となる来年はどういう目標がありますか?

A投げることもそうなんですけれども、しっかり走りこんで一年間怪我をしないというのを目標にしてやっていきたいと思います。

Qという福投手ですが谷繁監督お願いします。

A谷繁監督: 今ね、聞いてると34番のプレッシャーは全くないなっていうふうに感じたんで良かったです。パワーピッチャーっていうね左の、そういうタイプでポジション的には中継ぎあたり、まあどこでもできると思うんですよね。だからかなり期待はしてます。


中日パレスにて