2019年 ドラフト入団選手

松田 亘哲
育成ドラフト 1巡目 207 松田 亘哲まつだ ひろあき
年齢 22歳
生年月日 1997年5月16日
身長・体重 176cm 80kg
ポジション 投手
投打 左投左打
出身(球歴) 名古屋大学

松田 亘哲選手 挨拶

おはようございます。名古屋大学からまいりました松田亘哲です。よろしくお願いします。

松田 亘哲選手 質疑応答

Q地元の中日ドラゴンズの新入団発表ですが、お気持ちいかがですか。

Aやはり多くの皆さまにこうやって囲まれるのはとても緊張しています。

Qユニホームはご覧になったんでしょうか。

Aはい、今日の朝に一度着させていただきました。

Qその時のお気持ちを教えてください。

Aやはり自分はずっとテレビで見ていたので、そのテレビで見ていたユニホームを自分が着ているっていうのはとても嬉しいものでした。

Qもうすでに何度も聞かれているかと思うんですが、名古屋大学から初めてのプロ野球選手ということになると思いますが、この偉業改めてどう感じていますか。

A名古屋大学硬式野球部も長い歴史がある中、自分がこうして初めてプロ野球選手になれたということは大変光栄なことでありますので、その名古屋大学硬式野球部に恥じないようにこれから頑張っていけたらいいなと思います。

Q今年は愛知大学の野球3部でも優勝に貢献しましたが、ご自身のセールスポイントを教えてください。

A自分はスピードボールをずっと磨いてきたので、そのストレートは上からたたくっていうのを常に意識していたので、そのストレートを磨いていきたいなと思います。

Qドラゴンズのピッチャーで同級生としては、もうすでに小笠原投手が活躍していると思いますが印象はいかがですか。

A自分が高校背の頃に、まだバレーボールをやってた時に甲子園で見ていて、すごい投手が同級生にいるんだなと思っていたので、その小笠原投手と一緒にこれからできるということで様々な話を聞きたいなと思います。

Q実際に会ってみて、どんな挨拶をしてどんなことを聞いてみたいなというのはありますか。

Aそうでうね、まだ何も考えてはいなかったんですけど、やはりキャッチボールとかしてみて、どういうふうに投げてるのとか、何を意識しているのかというのは色々聞きたいと思います。

Q最後にプロ野球選手としての目標を教えてください。

A自分はまだ具体的な目標というのはないんですけど、一年でも長くドラゴンズに貢献できるように努力していきたいなと思います。

与田監督 質疑応答

Q与田監督にお話を伺います。松田投手の魅力、どのように感じていますか。

A今話があったように高校生の時にバレーボールをやっていた、その野球を始めて短期間の中でこれだけのピッチャーになれたという、これは非常に高い能力があるはずなんですね。ですからそれを今は育成という形ですけれどもすぐに支配下になれるような準備を本人にもしてもらいたいですし、担当コーチとも話をしていきながらそういう能力をもっともっと開花させていきたいとは思ってますね。

Qやはりこの短期化でというところで、かなり将来性も感じる選手だと思いますが、どのように成長してほしいと考えてますか。

Aいやもうすぐにでも活躍できるようになってほしいと思います、まだ実際には映像でしか見たことがないんですけれども、貴重な左であれだけ体全体が使えて投げられる。おそらく練習量もやっぱり名古屋大学ですからね。そんなにたくさんやれてなかったはずなんですけども。(松田選手を見て)もしかしてそれが良かったのかな。あまり練習しない方が良いのかな。まあそういうわけではないんでしょうけどね。非常に質の良い練習はしてきたはずなので、そういうペースをしっかりと。プロはどうしても練習量も増えてきますから体を壊させないようにしたいなと思います。